トップページ > 映画一覧 > アバター

映画 アバター

映画 感想 | アバター

『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が描く、想像を超えた新たな世界で繰り広げられる エピック・アクション・アドベンチャー。構想14年、製作4年。キャメロン監督のイマジネーションに 、ようやく映像テクノロジーが追いついた結果、ついに製作が始まった本作。この映画のために開発 された革新的な技術により、登場キャラクターの感情や感動的なストーリー展開が圧倒的スケールで 描き出される。映画史上の興行記録をことごとく塗り替えた「タイタニック」のジェームズ・キャメ ロンが、構想14年、製作に4年を費やし、最先端のVFX技術を駆使して作り上げた壮大なSFドラマ。出 演は「ターミネーター4」のサム・ワーシントン、「スター・トレック」のゾーイ・サルダナ、「エイ リアン」シリーズのシガニー・ウィーバー。

映画 あらすじ

映画 感想 | アバター あらすじ

22世紀。人類は地球から遠く離れた宇宙にまで進出していた。そこで豊かな大自然と未知の動植物が 生息する衛星パンドラに出会い、“アバター・プロジェクト”を開始する。青い肌と人間よりも大き な体を持ち、原始的な生活を送る先住民族“ナヴィ”が暮らすこの星の大地には、莫大な利益をもた らす鉱物が眠っていた。だが、大気は人間にとって有毒な性質。鉱物採掘を実現するには大気の問題 をクリアしなければならない。これを解決するために、ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバ ター”を生み出し、自由に活動できるようにすること。それがプロジェクトの目的だった。戦闘によ る負傷で下半身が麻痺、車椅子の生活を送っていた元兵士のジェイク(サム・ワーシントン)は、体 の自由を取り戻すために計画に参加、“アバター”を手に入れる。だが、パンドラの地に降り立ち、 ナヴィと触れ合ううちに、族長の娘ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と恋に落ちる。次第にパンドラ の生命を脅かす任務に疑問を抱くようになったジェイクは、やがてこの星の運命を決する選択を強い られていくのだった……。

映画 感想

映画 感想 | アバター 感想

映画史に名を刻んだ名作映画「アバター」です。究極の映像美と言われるほどのクオリティを持つ 本作は、海外ではアバター症候群と呼ばれるものまで生みました。映画の舞台になる惑星パンドラ は地球とまったく違った生態系をしており、夜間には蛍光色を発する美しい植物たちが森を覆いま す。造り込まれた生態系は人間ドラマの合間に壮大な自然を見せてくれます。この映画は興行収入 も歴代1位を獲得しました。今までは映画「タイタニック」だったのですが、大幅に塗り替えまし た。両方ともジェームズキャメロンの作品と考えると、自己ベスト更新になりますし、この人の非 凡ぶりを感じます。個人的にはこの映画、是非ブルーレイで見てほしいと思います。DVDとBD両方持 っているのですが、色合いが全然違いより世界に入り込めるのはBDのほうです。

映画 感想 | アバター 感想2

この映画は3Dで作成されており、映像美と重なって映画を見ているのではなく映画の中にいる感じ がします。それだけでなく、人間同士のドラマや異種との交流をへて知っていく広い視野での世界 など、全てが完成された映画です。人間の汚い部分を見せつけられたり、それでも純粋な心をもち つづけようとする主人公の心の葛藤、最後まで目が離せない映画に成っています。私もこの映画を 見終わったとき、パンドラに行ってみたいと思うほど引き込まれました。2014年と2015年に続編が 決定しているからこそ、今見ておきたい映画No1です。というより、この映画を観てないのに映画 ファンは語れませんよ。

同ジャンルおすすめ映画

映画 感想 | 第9地区

第9地区

南アフリカ共和国のヨハネスブルク上空に突如宇宙船が出現。しかし、船が故障してしま ったため船内の者たちは地球に降りてくる。28年後、乗船していたエイリアンである「エ ビ」(外見がエビ[=PRAWN]に似ているため)たちは地上に移り、隔離地区である「第9地区 」で難民として地球人と共存していた。そこは人間とエビの争いが絶えないため、MNUと呼 ばれる超国家機関によって管理・監視されていた。MNUの職員であるヴィカスは、エビたち をさらに離れた彼ら専用の居住区域である第10地区に移住させるべく、立ち退き要請の同 意を得るため第9地区を訪れるが、その道中に見つけた謎の液体を浴びてしまう。

同ジャンルおすすめ映画

映画 感想 | 未知との遭遇

未知との遭遇

砂漠。砂塵の中に第二次世界大戦に使われたらしい戦闘機の姿がみえる。それは、真新しく 、20数年前の消失当時と同じ姿だ。調査団一行のリーダー、ラコーム(フランソワーズ・ト リュフォ)により、発見の様子は語られる--。又、インディアナポリスの交信コントロー ル・センターのスクリーンに未確認飛行物体の姿が写し出され、TWA機より、不思議な物 体を見たという連絡が入る--。同じ頃、インディアナ州のある人里離れた一軒家に奇妙な 事が起こる。バリー(ケイリー・グッフィ)という少年が、周囲の物が震動するので目をさ まし、何物かに引かれるように家をとびだしていったのだ。