トップページ > 映画一覧 > SUPER8

映画 SUPER8

映画 感想 | SUPER8

監督にTVドラマ「LOST」シリーズ等のヒットメーカー、J.J.エイブラムス、製作に巨匠スティーブン ・スピルバーグという最強タッグが生み出した、SF超大作。舞台となるのは、ちょうど少年だったJ. J.が8mm映画作りに熱中していた1979年。そんなノスタルジックな空気の中で、ちょっと間が抜けてい るけれど憎めない少年たちが偶然に秘密を知ってしまい、冒険に出るストーリーは『グーニーズ』を 、町にざわざわと異変が起こっていく様子は『未知との遭遇』を、そして作品の根幹には『E.T.』の スピリットを感じさせる。本作には、J.J.も大好きだったスピルバーグ作品のエッセンスが、山ほど 詰まっているのだ。そして『クローバーフィールド/HAKAISHA』で見せた“主役は最後の最後まで見せ ない”J.J.お得意の恐怖演出も冴え渡り、懐かしさと新しい世代の映画術が融合した、世代を問わずに 楽しめるエンターテインメント作品になっている。

映画 あらすじ

映画 感想 | SUPER8 あらすじ

1979年の夏。オハイオの小さな町で保安官の父と暮らす少年ジョー(ジョエル・コートニー)は、 ある夜、仲間たち5人と家を抜け出し、8ミリ映画の撮影に出かける。だが、その撮影中に偶然、米 軍の貨物列車の大事故に遭遇。アメリカが絶対に秘密にしなければいけない、“何か”を撮影して しまう。それは実は、アメリカ政府の指示によって秘密軍事施設“エリア51”から“何か”を輸送 する途中だったのだ。少年たちが事故現場に落とした8ミリフィルムの空き箱を発見した米軍は、極 秘情報が何者かに目撃されたと判断して町中の捜索を開始する。やがて、町では不可解な出来事が 連続して発生。犬たちが一斉に消え、9人が行方不明……。さらに、事故現場から持ち帰った白い謎 のキューブが不思議な動きを始め、全てを目撃した少年たちは、真実を探しに行くことを決断する ……。

映画 感想

映画 感想 | SUPER8 感想

スティーブンスピルバーグと、「lost」と「クローバーフィールド」で有名なJJエイブラハムがタ ッグを組んだエイリアン映画です。映画は、映画を作っている子供たちの視点で描かれていて、米 軍がエイリアンとドンパチやりあう種類のものではありません。クローバーフィールドのエイブラ ハムさんだけあって、最後の方まで正体が出てこなかったり、何があったのかのバックエンドを見 せすぎ無いようにしたりと、映画観賞者に先が見たいという思わせる技法を使っているので、最後 まで飽きずに見る事が出来ました。
中途半端に終わるや、結局何がしたかったんだよ!という意見を耳にしましたが、この映画はあく までも子供たちの視点で描かれているので、科学的にうんぬんや、政府がうんぬん等を知っている 筈が無いので、ある意味映画の中で極端に謎解きされてしまうと、折角の設定が不安定になってし まうと思うので、私は今回のような作り方はあっていると思います。

映画 感想 | SUPER8 感想2

突然の列車事故からのスピーディーな展開、スピルバーグの映画、「未知との遭遇」へのオマージ ュなど、映画ファンが楽しめる要素が十分そろっていると思います。子供が主役というのが新鮮で 大人に負けない発想と機転でピンチを切り抜けようとしたり、飾らないセリフを素直に言ったりと 、胸が熱くなる映画でした。子供ながらのぎこちない恋愛もあり、駆け引きなどせず素直に思いを 伝えたり、見ていて飽きないおすすめ映画です。

映画 感想 紹介映画関連商品

同ジャンルおすすめ映画

映画 感想 | クローバーフィールド

クローバーフィールド

ニューヨークが未曾有の大惨事に襲われた5月22日。その様子は偶然にも民間人のビデオカメラに 収められていた。東京への転勤が決まったロブのために、数多くの友人たちが集まって賑やかに送 別パーティを開いていた。ロブの友人ハッド(T.J.ミラー)がビデオカメラを手に、別れを惜し む友人たちの間を巡っている最中、突如大きな地響きが襲う。テレビにはニュース速報が流れ、街 の様子を見ようと屋上に飛び出した彼らの目に飛び込んできたのは高層ビルの間に炸裂する巨大な 爆発。そこからロブたちめがけて火の玉が飛来する。危険を避けようと階段を駆け下り通りに飛び 出す一行。するとその目の前に、吹き飛ばされた“自由の女神”の頭部が転がってくる。

同ジャンルおすすめ映画

映画 感想 | 宇宙戦争

宇宙戦争

アメリカ東部のある町。その異変は突然起こった。雲ひとつない晴天だったのが、何の予兆もなく 天候は崩れ、強風がうなり声をあげる。上空では激しい稲光が交錯し、その一つは地上にまで達し た。やがて大地は揺れ、禍々しくも、邪悪な裂け目がその表面を覆った。その場に居合わせた労働 者のレイ(トム・クルーズ)は、自分たちに襲いかからんとする“何者か”の存在を敏感に感じと り、別れた妻との間の二人の子供、息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)と幼い娘レイ チェル(ダコタ・ファニング)の元へと急ぐ。そして彼は知る。次々と起きた不可思議な超常現象 が、更に想像を超えた形へと変化し、世界の16ヶ国で同時に人々に襲い掛かってきたことを。