トップページ > 新着映画 > 映画ニュース 2011.12

映画ニュース - 最新 2011.12

2011年12月の映画関連ニュースを紹介します。

映画ニュース トム・クルーズ=イーサン・ハント率いるスパイチームが電車ジャック!

トム・クルーズがすご腕エージェント、イーサン・ハントにふんする最新作『ミッション:イ ンポッシブル/ゴースト・プロトコル』から、イーサン率いるスパイチームのキャラクタービ ジュアルが公開された。これは、本作の電車広告で使用されるビジュアルの一部で、トム・ク ルーズが都内地下鉄をジャックする。

今週末から公開される、映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』が都内 主要地下鉄の直通車両をジャックする。これは、プロモーションの一環として地下鉄車両に、 場面写真などの本作ビジュアルを掲示、車内を『ミッション:インポッシブル』色に染めるも の。今回公開されたキャラクタービジュアルは、掲示される画像の一部で、イーサンを筆頭と したスパイチームを紹介するものとなっている。

トム演じる主人公イーサンの活躍が中心となる本シリーズだが、製作を務めたJ・J・エイブラ ムスによれば、本作は「どのようにチーム性を前面に出した映画を作るか?」がコンセプト。 そのため本作では、ブラント(ジェレミー・レナー)、カーター(ポーラ・パットン)、ベン ジー(サイモン・ペッグ)ら、イーサンと共に行動するチームメンバーの活躍と、彼らのチー ムワークにこれまで以上にスポットが当てられている。

ビジュアルでは、そんな4人を、それぞれのキャラクターを象徴するようなコピーと共に紹介。 また、イーサンの場合「極秘諜報機関IMF・不動のチームリーダー。変装、驚くべき身体能力、 多国語を自在に操るなど、諜報活動に必要な全てを備えたスーパーエージェント」など、それ ぞれの役柄が解説されており、彼らの活躍に期待が高まるものとなっている。先日来日を果た したトムの、命懸けのスタントアクションが話題の本作だが、ビジュアルに登場したチームメ ンバーの活躍も見どころとなりそうだ。

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』電車ジャックは、12月16日から、 日比谷線直通車(中目黒~北千住~東武動物公園)、有楽町・副都心線直通車(新木場~森林 公園、東京メトロ有楽町線乗り入れ含む)、半蔵門線直通車(中央林間~押上~南栗橋・久喜) 、東武線直通車(池袋~森林公園)で15日間行われる予定。

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』は12月16日より全国公開

goo映画ニュースより抜粋

ニュース関連映画

映画 感想 | トランスフォーマー

MI4 ゴースト・プロトコル

ロシアのクレムリンで爆破事件が発生。その容疑がIMF(極秘スパイ組織・不可能作戦班)の イーサン・ハント(トム・クルーズ)とそのチームにかけられる。米大統領は政府が事件に関 与した疑いを避けるため、「ゴースト・プロトコル(架空任務)」を発令。イーサンチームは IMFから登録を抹消されてしまう。国や組織という後ろ盾を失ったまま、クレムリン爆破の黒 幕を追い、さらなる核テロを未然に防ぐというミッションの遂行を余儀なくされるイーサン たち。失敗すれば彼らは、凶悪テロリストとして全世界に指名手配されてしまうのだ。黒幕 たちの取引の現場は、世界一の高さと最新のセキュリティを誇るドバイの超高層ビル、ブル ジュ・ハリファ。難攻不落の天空城に、特殊粘着グローブと命綱一本で外部からの侵入を試 みるイーサンだが……。幾重にも張り巡らされた罠と、よぎる裏切りの影。そして次第に明 らかになるミッションの〈真の目的〉とは……。